« 2006年7月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年10月29日 (月)

ANA JCBカードから、ANA VISAカードに乗り換えよう!

 JCBのポイント制度改定(改悪)に怒り!
 ANA JCBカードから、電子マネーEdyへのチャージでも、ショッピングポイントが付くというから入会したのに、2007年12月16日からはポイント対象外になるんだって!? それじゃあ、Edyを使う意味が全くなくなるじゃないか。
 今までは、

  Edyへのチャージで1000円1ポイント(10マイル)
  Edyで買い物すると200円1マイル

 換算すると、100円あたり1.5マイル貯まっていたことになる。
 しかし、チャージでのポイントが無くなると、Edyで買い物しても、100円で0.5マイルしか貯まらなくなる。これでは、クレジットで直接買い物した方が得だ。(100円1マイル)

 しかし、ANA VISAカードなら、Edyへのチャージでもショッピングポイントが付くし、「マイ・ペイすリボ」の技を使えば、同じ使い方でも100円2.5マイル貯まる計算になる。ANAカードからEdyにチャージして、それで買い物すると…
  JCB…100円0.5マイル
  VISA…100円2.5マイル

 そうだ、VISAにしよう!
 庶民陸マイラーとしては、早急に切り替えなくては気が気でないが、念のためにVISAに聞いてみた。

問「JCBのように、Edyチャージにポイントが付かなくなることはありますか?」
答「そのような予定はございません。」

 とりあえず、信じて入会しよう、ANA VISAカードに

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年10月 7日 (日)

ローソンポイントの価値↓↓↓下落に怒り!

私が、ローソンで買い物をする理由はただ一つ!「貯めたポイントが、8倍程度の価値を持つから」でした。

それは、不定期に提供される「お試し引換券」を活用することにより、ローソンパス会員のみが得られる特典です。

庶民にとってはおいしいシステムでしたが、8月のキャンペーンでは、引換券を発行する端末の回線がつながらず、発券さえできないという状態が続いていました。私の場合、40回以上カードを通して、1回も回線がつながらない時がありました。それは、怒りを通り越して、「もう、ローソンはいやだ。」という嫌悪感さえわいてきました。

8月末からは「回線強化」とやらで、しばらく「お試し引換券」のサービスは停止されていましたが、やっと10月から再開されました。

以下、ローソンのwebページより抜粋

ポイントカード会員の皆様
8月に実施した「お試し引換券フェア」では、回線混雑によりLoppiがつながりにくい状態となり、ご迷惑をおかけし大変申し訳ございませんでした。

システム強化に努めておりますが、下記の時間帯は特に混雑が予想されます。
恐れ入りますが、つながらない場合はしばらくたってからご利用いただけますようお願い申し上げます。

以上

やっと復活した…、しかし!

10/19(金)0:00から始まる「プリッツサラダ78g」の引換券発行には、105円の価格に対して、30ポイントが必要となるなど、最低で、価値は3.5倍にまで下がっています。「なぜ、急に価値を下げる?」と、怒り心頭です! スーパー等に行けば、ほとんどの商品が割引価格で販売されているわけですから、実際にはさらに低い価値となります。例えば、サントリー烏龍茶500mlなら、ローソンの価格の3分の2程度で購入することができますからね。

ファミリーマートでは、11月20日より「T-POINT」が対応となりますし、セブンイレブンでは、電子マネー「nanaco」を使えば、ボーナスポイントがもらえる商品も多数あります。したがって、ローソンがこのままポイントの価値を下げていくなら、わざわざローソンに行く必要はなくなってしまいます。

多くのコンビニから、ローソンを選ぶ理由はただ一つ!

「お試し引換券を活用すれば、ポイントの価値が非常に高いから。」

それのみです。ローソンさん、ポイントの価値を8倍に戻して下さい!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2006年7月 | トップページ | 2007年12月 »