« BSE発見学者「牛肉の安全は全頭検査しかない」 | トップページ | 怒りも和らぐi-morley(ポッドキャスト) »

2006年3月 6日 (月)

洋服の青山! それでいいのか!!

唐突ですが、私は太っています。身長は170センチそこそこで、体重は100キロ超級です。こんな私は、服を買うのも一苦労なのですよ。とは言え、大手紳士服チェーン店では、かなり大きなサイズまで取りそろえていますので、よく買いに行きます。自分のサイズは熟知しているので、いつも必要なサイズを告げ、さっさと購入して帰るのですが、ある店で…

私「ウエスト○△×センチで、アジャスター付のズボンを見せて下さい。」

店員「実際のウエストは何センチですか? (計測)それなら、このズボンをお試し下さい。」

私「いえ、私は太股が太いので、そのサイズでは入りません。○△×センチのを出してください。」

店員「とりあえず、これをはいてみて下さい。」

私は渋々試着室に入り、はいてみる。案の定、太股が全く入らない。だめだ…

私「やっぱりだめです。こんな感じです。」

店員「そうですね。じゃあ、脱いでください。」

私はズボンを脱いで待ちました。欲しいサイズを最初に告げてあるので、当然そのサイズを持ってくると思い、5分…10分…、パンツ一丁で試着室にたたずむ。たまりかねて、私は店員に声をかけました。

私「まだですか?」

店員「脱げましたか?」

私「はぁ? ズボンを持ってきてくれるんじゃないんですか? ずっと待っていたんですよ。」

店員「いいえ、脱がれるのを待っていただけです。」

私「え? ズボンを探してくれていたんじゃないんですか? 最初にサイズを告げてあるんだから、それを持ってきてくれるのは当然でしょ?」

店員「私こそ、まだ脱げないのかと、待っていたんですよ。」

私「何を言っているんですか! そもそも、無理矢理に違うサイズを、あなたがはくように言ったんでしょ? そのサイズがはけなかったのに、何で持ってきてくれないんですか!」

店員「それは、見解の相違ですね。」(←正確な言葉は覚えていません)

私「何をっ!?」「パンツ一丁のマヌケな格好で10分以上突っ立っていた私は何なんですか。普通、脱ぐくらい1分もかからないでしょう? それに、待ってたと言っても、声もかけないなんて、店員としては非常識でしょう?」

謝罪の一言もない店員に怒りを爆発させた私は、「こんな店、2度と来ません!」と吐き捨てて、近所のライバル店にとびこみました。もちろん、言ったサイズをすぐに用意してくれ、さっさと買い物を済ますことができましたよ。

ちなみに「2度と来ません!」と言ったときの店員の返答は、「そうですか。」でした。

そんな接客でいいの? あおやまさん!

※記事・リンク等に問題がある場合はご連絡下さい。修正します。

|

« BSE発見学者「牛肉の安全は全頭検査しかない」 | トップページ | 怒りも和らぐi-morley(ポッドキャスト) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127757/8976960

この記事へのトラックバック一覧です: 洋服の青山! それでいいのか!!:

« BSE発見学者「牛肉の安全は全頭検査しかない」 | トップページ | 怒りも和らぐi-morley(ポッドキャスト) »