« たばこを吸わせろ!(全面禁煙はアホ) | トップページ | 読売新聞社員は、米国牛をおいしくいただく!?(社説を聞いて…) »

2005年11月 3日 (木)

「吉野屋」には、永遠に行かない。

牛丼を食べなくなってから久しいです。

内閣府食品安全委員会のプリオン専門調査会は、アメリカ産牛肉の危険性について、国産牛肉との比較は「科学的には困難」であるが、「国産牛との差は非常に小さい」との報告。それを受けて、政府はアメリカ産牛肉の輸入に踏み切るようです。(新聞より)「再開条件は、生後20か月以下の若い牛」ということらしいですが、テレビのニュースでは「アメリカでは、広い土地で放牧しているため、年齢は見た目でしか判断できない。」と言っていました。(すなわち、正確な年齢はわからない。)

また、委員会の座長が、「(政府が)輸入再開に踏み切れば「あとは消費者が決めればいい」」と発言するなど、全く信頼できません。

官房長官が「歓迎」 米国産輸入牛肉再開(http://www.asahi.com/special/bse/TKY200510050161.html

とは言っても、どうせこの人達は国産の高級和牛しか食べないのだから、何かばかばかしくなってきます。

私は、アメリカ産牛肉を買う気はありません。わけのわからない「ミンチ」で作られた「ハンバーガー」を食べる気もしません。たまに奮発して、但馬牛を食べることにしています。

吉野家の牛丼、来年1月にも復活か 社長、会見で見通し(http://www.asahi.com/special/bse/TKY200510070297.html

吉野屋で牛丼が復活しても、「私は、絶対に吉野屋に行かない!」と息巻いてところ、

米国産牛肉の輸入再開でも、「すき家」は当面見合わせ(http://www.yomiuri.co.jp/feature/fe4700/news/20051101i214.htm

とのニュース。

がんばれ! すき屋!!http://zensho.com/menu/

もちろん「松屋」にも行きませんよ。(^^)

自分が食べないものを「安全だ」「輸入せよ」と、勝手なことを言い続ける政治家達に、本当に腹がたちます。「本当に安全だと思っているなら、BSE感染牛を目の前で解体し、危険部位を除去してあげるから、目の前でパクパク食べみろ!」 と、言いたい。

(参考)

狂牛病とアメリカ (http://tanakanews.com/e0706BSE.htm

※リンク等に問題がある場合はご連絡下さい。修正します。

|

« たばこを吸わせろ!(全面禁煙はアホ) | トップページ | 読売新聞社員は、米国牛をおいしくいただく!?(社説を聞いて…) »

コメント

いちろうさん、
コメントありがとうございます。初めてコメントをいただき、「読んで下さっている方がいる」ということを実感することができました。まだ、ココログ(ブログ)の仕組みもよくわかっていない私ですが、ぼちぼち書いていきますので、これからも見てやってください。

投稿: midozou | 2005年11月 3日 (木) 14時39分

トッラクバックしました。記事を読んでいます。考えさせられる内容です。禁煙記事も読んでいます。今後とも宜しくお願いします。

投稿: いちろう | 2005年11月 3日 (木) 12時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127757/6871546

この記事へのトラックバック一覧です: 「吉野屋」には、永遠に行かない。:

» 【牛に鶏糞】鶏糞への肉骨粉混入率を30%程度とFDA要官見積(=年間30万トン?) [BSE&食と感染症 つぶやきブログ]
■【牛に鶏糞】鶏糞への肉骨粉混入率を30%程度とFDA要官が見積(=年間30万トンの肉骨粉が牛へ?) 牛への鶏糞ごみ飼料=poultry litter について、全国食健連が主催したBSE講演会のジョン・スタウバーさんの資料に以下の件がありましたので、転載させていただきます。 >毎年約100万トンの鶏の糞尿が牛に与えられている。鶏舎の床などから掃き集めるため、これに肉骨粉入りの飼料が混入している可能性は大きい。F... [続きを読む]

受信: 2005年11月 3日 (木) 14時42分

» BSE=狂牛病、狂い死病、M [田村伊知朗政治学研究室]
リンク: @nifty:NEWS@nifty:楽天1千億円規模増資へ(共同通信) [続きを読む]

受信: 2005年11月 4日 (金) 00時13分

» 米国産牛肉 [七五白書 (しらけないために)]
 今朝の「天声人語」は、ハンバーグ定食を注文し、一口食べて、なかなかいけるぞと思ったところで、店主に「いい味でしょ。アメリカ産ですよ」と言われたと想像したら、「味そのものは変わらなくても味わいの方はぐらつきそうだ」、といったようなことから書き始められていました。  米国産牛肉が輸入禁止されてから2年近くになり、国産牛肉の価格は高止まったままで、窮地に陥った外食産業は輸入再開を強く求めてきました。�... [続きを読む]

受信: 2005年11月 4日 (金) 17時27分

» intravitreal kenalog [drugstore 2508]
atarax accutane for sale adipex side effects of prevacid [続きを読む]

受信: 2006年8月25日 (金) 18時19分

« たばこを吸わせろ!(全面禁煙はアホ) | トップページ | 読売新聞社員は、米国牛をおいしくいただく!?(社説を聞いて…) »