« 読売新聞社員は、米国牛をおいしくいただく!?(社説を聞いて…) | トップページ | 洋服の青山! それでいいのか!! »

2005年11月11日 (金)

BSE発見学者「牛肉の安全は全頭検査しかない」

2004年2月13日に配信された記事です。(読売新聞)

自分のPC内を整理していたら出てきました。私のように、最近勉強し始めた方々への参考資料になれば…。

「牛肉の安全は全頭検査しかない」BSE発見学者

 BSE(牛海綿状脳症=狂牛病)などの病原体「異常プリオン」を発見し、1997年にノーベル生理学・医学賞を受賞したスタンリー・プルシナー米カリフォルニア大教授が、米議会に対し、牛の全頭検査に消極的な米政府の政策を批判し、日本の安全策を強く支持する発言をしていたことが明らかになった。

 プルシナー教授は、先月末開かれた米下院の食品安全に関する会議に出席。「牛の異常プリオンは人間に感染しうる。欧州では、異常プリオンに汚染された牛肉や牛肉加工食品を食べた150人以上の若者らが死亡している」とBSEの危険性を強調。「今後も食品へのプリオン汚染はなくならないだろう」との懸念を示した。

 そのうえで、「日本が行っているような牛の全頭検査のみが、牛肉の安全性を確保し、消費者の信頼を回復することになる」と発言、「米国がなぜ、全頭検査の採用に消極的なのか理解できない」と米国の食肉政策を非難した。さらに「地上で最も繁栄した国の人々は、汚染のない肉を食べる権利を持っているはずだ」と続け、政府に全頭検査の早期導入を求めた。

 内閣府の食品安全委員会事務局は、教授の発言について「世界的な専門家の貴重な意見。日本の食肉政策を進めていく上で参考にしていきたい」とコメントした。(読売新聞)
[2004年2月13日8時54分更新]

スタンリー・プルシナー教授のことを、とやかく言う人もいるようですが、私はこれを信じて行動したいと思っています。

こちらは、2005年11月4日の記事です。(ZAKZAKより)

米、小泉にゴリ押し…牛肉輸入基準緩和をさらに要求
年内にも解禁で (http://www.zakzak.co.jp/top/2005_11/t2005110439.html

「とにかく買え!」というアメリカの姿勢には、やはり腹が立ちます。

|

« 読売新聞社員は、米国牛をおいしくいただく!?(社説を聞いて…) | トップページ | 洋服の青山! それでいいのか!! »

コメント


http://www.zakzak.co.jp/top/2005_11/t2005110439.html
> BSEの原因となる異常プリオンの発見で、ノーベル生理学・医学賞を受賞した
>米カリフォルニア大学のスタンリー・プルシナー教授は「ある月齢以上なら(BSE)
>検査が必要で、それ以下なら異常プリオンがなく検査なしで食用できる? そんな
>月齢を決めるなんて私には理解できない」と語っている。

投稿: 最近のプルシナー教授の発言 | 2005年11月14日 (月) 13時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127757/7045863

この記事へのトラックバック一覧です: BSE発見学者「牛肉の安全は全頭検査しかない」:

« 読売新聞社員は、米国牛をおいしくいただく!?(社説を聞いて…) | トップページ | 洋服の青山! それでいいのか!! »